医師の求人情報の探し方の変化

医師の求人情報の探し方の変化

医師は国家資格が必要な仕事ですし、資格を得てからも研修などによって経験を積む必要がありますから、一般的な仕事と同じような形で求人や転職先の見つけるというわけではなかったようです。

以前は、医学部生は医学部を卒業すると、そのまま出身大学の附属病院などの医局に所属し、そこで研修を受けていろいろなことを学び、その後に医局から働く病院を紹介してもらう場合が多かったそうです。

この場合は、確実に就職先が見つかるというメリットはあったようですが、自分の希望するところで働けない場合もあったようです。

最近は資格取得後に研修を受けるところを自分の出身大学以外を選ぶようなこともできるようになり、以前に比べると就職先を自分で探すようなこともできるようになってきているそうです。

最近はインターネットでも医師専用の求人・転職サイトがあり、そのようなサイトを利用して、求人や転職先を探すこともできるようになってきているようです。

医師の求人情報が掲載されている転職サイト

以前は、医師の就職先は医局を通して紹介されることが多かったそうですから、医療機関も医局を通して求人する場合が多かったようです。

今でも医局から派遣してもらっている場合も多いようですが、それだけでなく人材派遣会社を通して求人する場合も多くなってきているようです。

そのためなのか、以前は医療関係を扱う求人や転職サイトなどは、あまりなかったようですが、今は一般的な求人や転職を扱っていたサイトでも医療関係についての情報も掲載していることが多くなったようですし、医療関係を専門に扱っているサイトもいくつもできているようです。

医師のための求人サイト

それだけニーズがあるということは、医師を不足している医療機関が多くなったということもあると思いますが、医師の方達も転職を希望している人が増えてきて情報が必要になってきているようです。

また、転職先として常勤の医師を募集するものだけでなく、現在の職場に籍を置いたまま行える非常勤や短期の募集もたくさんあるようです。